地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、松江の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

松江の地域情報サイト「まいぷれ」松江

クラフトビールのお話。

 Dining Cello ーダイニング・セローのニュース

クラフトビールのお話。
最近よく名前を聞くようになった「クラフトビール」。
当店でも扱っておりますが、いったいどんなビールなのかご存知ですか?

クラフト(craft)は英語で「技術」「工芸」「職人技」などを意味する言葉です。
クラフトビールとは、小規模な醸造所がつくる、多様で個性的なビールを指します。これまでにない多様性と、個性的な味わいやブランドを備えているのが特徴です。
松江の地ビール館で作られている、ビアへるんもクラフトビールに分類されます。

日本で「クラフトビール」という言葉が知られる前、かつてのビール業界は、大規模な製造を担える大手企業のみが参入できるよう、ビールの製造免許取得に必要な年間最低製造量が2000KLと定められていたそうです。
しかし、1994年の規制緩和により、最低製造量が60KLにまで引き下げられました。これは清酒と同じ製造量です。
その結果、日本各地にマイクロブルワリ―(小規模な醸造所)が数多くできてきます。
そして町おこしとしてつくられる「地ビール」が誕生し、それは少しずつ知られていくようになりました。

最初のうちは「お土産」色が強く、また未熟な醸造技術でつくられていたビールも少なくなかったため、「地ビール=値段が高くて美味しくない」というイメージがあったようです。
しかし、一部のマイクロブルワリーはスキルやノウハウを磨き続け、次第に世界レベルで評価される高品質なビールをつくるようになっていきました。
2000年代に入り、アメリカでクラフトビールが人気を集めるようになった頃に、日本の地ビールは「クラフトビール」に名前を変え、ビール愛好家の支持を得て定着することとなったのです。

いかがですか?こうして話を聞くとクラフトビールが飲みたくなりませんか(笑)?
そんな「クラフトビール」を当店でも取り揃えております。
よければ是非、ご来店いただきクラフトビールをお楽しみ下さい
居酒屋・ダイニングバー[ダイニング・バー]

Dining Cello ーダイニング・セロー

最新のニュース一覧へ
口コミ(1件)一覧へ