地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、松江の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

松江の地域情報サイト「まいぷれ」松江

お餅は気おつけて食べましょう

 よずく整体のニュース

お餅は気おつけて食べましょう
1月1日・2日は雪マークが付いていますね!?
寒さ対策と足元に気お付けて、良い正月をお過ごしください。

私は、1週間前に鍋の熱い大根でのどをやけどしてしまいました
皆さんも気お付けてくださいね!

お正月といえば、「お餅」
おいしいお餅ですが、統計によると、65歳以上で
お餅を詰まらせての窒息による死亡者が1月が一番多いようです。



なぜ65歳以上の人はおもちを詰まらせやすいのでしょうか。

「嚥下(えんげ)機能が低下するため」だと言えます。
嚥下、えんげとは「ものを飲み込む」という意味です。

・口から入った食べ物が通る「食道→胃ルート」

・吸った空気が入っていく「気管→肺ルート」

の二つの道があります。

食べ物はこちら、空気はこちらというように人間ののどは自動的に分けています。
とはいえ人間の体ですから切り替えを失敗することもあります。

この切り替えを含む一連の動きは、極めて精密でいくつもの神経や筋肉が連動しています。

人間は、歳をとるにつれこの切り替えを上手にする力が落ちてきます。
その理由は、舌やのどの筋肉が衰えたり、注意が散漫になったりと様々なものがあるのです。

高齢者は特にご注意を
この嚥下機能は、一般的に年齢が上がるごとに弱っていきます。
ですので、80歳を超えるような高齢者や、
医師から嚥下機能に問題があると言われている人は注意が必要です。

そのような方でおもちを食べたい方は、いくつかの工夫をすると良いでしょう。それは、

・人と一緒のときにだけ食べる

・小さく切ってから食べる

・急がず、ゆっくりとよく噛んでから飲み込む

などの工夫です。

*上記内容は、ヤフーニュースより抜粋しました*

「あいうべ体操」で舌や喉の筋肉を鍛えてみるのも効果あるかも!?
カイロ・整体[整体・骨盤調整]

よずく整体

よずく整体のカレンダー
最新のニュース一覧へ
口コミ(1件)一覧へ