地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、松江の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

松江の地域情報サイト「まいぷれ」松江

ふるさと納税で日本を元気に!~日吉津村~

【株式会社ビッグワン】鳥取まぐろ美らぁめん・大山ルビー豚餃子

コラーゲンたっぷり!ゴクゴク飲めるスープ 天然生本マグロの旨味が凝縮された黄金のだしが決め手のまぐろラーメン

マグロの頭をまるごと使ったスープは香りとコクが抜群!あっさりとしているが旨味が凝縮された味わい。

まずはスープだけで飲んで欲しい至福の一杯!

マグロのお刺身をトッピング!スープとの相性ピッタリ♪

※マグロ、ネギなどのトッピングは内容に含まれません

【鳥取まぐろ美らぁめん】の申し込みはコチラ

天然生本マグロの“カマ”を使ったスープの旨味を味わってほしい!

境港で水揚げした天然生本マグロから出汁をとった透明感のあるスープを使った「まぐろ美らぁめん」

コラーゲンやDHAが豊富で低カロリー!

 

マグロのカマの部分は部位の中でも一番油が多いが、サラサラした油なのでクセも少なく、女性でも食べやすい。ラーメンは大好きだけど油が気になる・・・。カロリーが気になる・・・。といった、健康志向の方や女性、お子様にもオススメです♪

 

本マグロの頭をまるごと豪快に炙る!

マグロスープの作り方は、まずマグロの頭を豪快に炙ります。

そして、まるごと大釜で炊きます。

炙ることでアクやクセをぬき、その後昆布や野菜、ネギなどと一緒に一晩炊いていきます。

マグロの香りとコクを堪能できる海鮮スープの完成です!

マグロラーメンができるまで

境港は生の本マグロ水揚げ日本一の時期もあったほどの有数の漁港です。

身は需要が高いが、カマ(頭)や骨は捨てられていたそうです。そこで、地域としてマグロ1本を余すことなく有効活用できないかと考え、商品開発をして、マグロの頭全部を使い、出汁をとったところ上品な色のきれいなだしがとれたのでこのスープを何かに使えないか試行錯誤の結果「まぐろラーメン」が完成しました。

 

 

脂の旨味たっぷり!鳥取県ブランド豚“大山ルビー豚”

 

 

脂の旨味がギュっと凝縮!ひとくち食べると口の中に肉汁がジュワーっと広がり、お肉の旨味もしっかりと味わえます

【大山ルビー豚餃子】のお申し込みはコチラ

日本名水100選にも選ばれている天の真名井(あめのまない)などで知られる美水の郷(淀江町)

周辺で育った大山ルビー豚は旨味成分のオレイン酸が多い「鳥取県赤豚」と味に評価の高い「黒豚]

を交配した品種。

生産者が県内で6名ほどで、希少価値の高い豚なんです!

そんな大山ルビー豚を使った餃子は、甘みのある脂が特徴の旨味たっぷりジューシー餃子です。

 

揚げ餃子や水餃子にもアレンジできます。鍋にいれても良いですね♪

スタッフの皆様

写真左:主任 菊本(きくもと)さん 写真右:主任 稲田 清人(いなだ きよと)さん

「食を通じて地域活性化していきたい」

今回インタビューさせていただいたのは株式会社ビッグワンの稲田 清人(いなだ きよと)さん。

「鳥取県は大山(だいせん)や日本海もあり食材の宝庫なんです」と語る稲田さん。

 

稲田さんは元々、東京で飲食業をされていたがIターンで鳥取県にくることに。

そこで感じたのが、自然の魅力は可能性に満ちているが、鳥取県が全国的に知名度が低いこと。

まずは、美味しい食べ物がたくさんあることから知ってほしい!と熱い思いで日々奮闘されています。

 

「マグロラーメンや大山ルビー豚餃子を県内だけでなく、全国に発信することで生産者や、生産量を増やして飲食業、生産者の縮小をなんとか食い止めたい。

後継ぎ問題や、雇用促進など地域の課題をなんとかしていきたい。」

 

「食を通して地域活性化」まさにこの一言ですね!!

 

「気軽に食べてもらい、実際に店舗でも食べることができるのでぜひ鳥取に足を運んでもらいたい!そんな思いでやっています。」

 

と、お話いただきました。

 

・まぐろらーめんが食べれるお店:境港 まぐろらーめん本舗
・大山ルビー豚餃子が食べれるお店:太陽軒 角盤町店、431号店

お礼の品一覧

 

配送 まぐろ美らぁめん(常温)賞味期限 60日

   大山ルビー豚餃子(冷凍)賞味期限 360日

※販売者は株式会社味屋コーポレーションとなります。

 

14,000円以上のご寄附をいただいた方に、以下の特産品をお送りします。

鳥取まぐろ美らぁめん 3箱

(1箱:麺100g×2、スープ×2)

10,000円以上のご寄附をいただいた方に、以下の特産品をお送りします。

大山ルビー豚餃子 3箱

(1箱:餃子17g×20個、タレ10g×2)

 

この記事に関するキーワード